その他の工法

施工に伴う問題点を選択していただくと、お勧め工法のご紹介箇所にジャンプします

概要

 汚水桝蓋、消火栓蓋、仕切弁蓋などの小口径マンホール蓋向けの取替工法。小口径向けの専用カッターのため、最小面積の道路切断で取替えが可能


特徴

 1. 円形切断で、仕上りがきれい

  マンホール蓋まわりを円形に切断するため直線交差部が生じず仕上りがきれい

 

 2. 短時間で工事完了

  小口径マンホール蓋に合わせた最適径で切断することにより、工事の短縮と材料費の削減で、工事費用の節約が可能


 3. 狭あい箇所に有効

  カッター本体が標準カッターよりも一回り小さいため、汚水桝等が設置される境界に近い場所に有効


適用範囲

 ・カッターSで切断可能な舗装は、アスファルト舗装、コンクリート舗装

 ・切断可能φ780φ900

 ・切断深さは10cmまで




 水平カッター工法

概要

 マンホール斜壁を切断し、マンホール蓋の調整代を適切に確保する方法

 これまで調整代が確保できない場合は、斜壁ごと取替していたが、水平カッターを用いることで時間を短縮


特徴

 1.斜壁毎の取替えが不要

  ・水平カッターで斜壁を切断することにより、必要な調整代を確保

  ・専用のベースプレートを使用することで、斜壁切断でズレたアンカー穴ピッチを変換


 2.交通規制を最小化

  ・水平カッター工法では斜壁の撤去を伴わない為、舗装切断面積が小さい(従来から90%縮小)

  ・舗装切断面積の縮小化に伴い、交通規制範囲も最小限 (従来工法:2,500×2,500mm、水平カッター工法:φ1,050mm)


適用範囲

 1.切断深さ:GLから130180下がりの範囲まで切断可能

 2.対応マンホール蓋径:φ600634900その他サイズは要相談)




 オーバルマンホール蓋取替工法

概要

 オーバルマンホールなど、マンホールの斜壁の肉厚が薄く、調整ボルトを立てるアンカー穴削孔が不可能な場合に、マンホールの斜壁側面に削孔機で穴を空け、特殊曲げ調整ボルトを立てる工法


特徴

 マンホールの斜壁側面削孔機で穴を空け、特殊曲げボルトで緊結することにより、斜壁ごとの取替が不要


適用範囲

 対応マンホール下桝内径: φ600mm





GMラウンド工法関連ページ

開発背景・目的
概要
施工手順
標準機材
その他周辺機材
従来工法との比較
施工実績
その他の工法